zinlog
iizinのブログ、http://twitter.com/iizinn こっちもよろしく。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--
  2. :このページのトップへ

  3. :スポンサー広告

夢の話、しましょ。

今日は二部構成だった。


第一部では俺自身がCS:Sの世界に入って戦争をしていた。
誘ってくれたのはswadil?みたいな全く知らない人。
残りの三人は一人以外出演しなくて全くわからずじまい、
一人はほとんど絡んだ事無いけど面識だけあるCS:Sの人。

相手も全く出演しなかった。
1stラウンド、順調に殺されていって俺とその面識ある
一人だけ残ってkeep。相手はなぜかスカウト、M4とか
持ってた。ちなみに俺らがCTだったけど相手のスキンも
CTというカオスっぷり。
最後スカウトでBトン下から来る敵をスコープに入れた
瞬間、そいつがこっち向いたんだけどそいつは同じ学校
に通ってるN君だった。さらに意味が分からん。

そこで唐突に第一部終了、第二部が始まる。

第二部は引っ越し編、中庭とかがあるすごい広いトコに
引っ越しして、俺の部屋の間取りについてが主な内容。
俺の部屋にあるトイレの配線が上手くいっておらず
俺がいちいち変えないと使えない仕様。その変え方を
何故かタオルにプリントして渡してくる親、謎だ。
そして肝心な部屋の間取り、何故か今の部屋と全く
一緒の間取り。業者の人が勝手にやったらしい。
更に、俺の部屋の広さ自体は狭くなってるという
わけのわからん状態。んで目が覚めた。


相変わらずカオス、起きてすぐ書いたから文体もカオス。
スポンサーサイト
  1. 2011/10/02(日) 10:25:46
  2. :このページのトップへ

  3. :
  4. :トラックバック0
  5. :コメント0

夢シリーズ第?弾。

なぜか、MMOしようぜ!って五人くらい友達を誘って出かけてた。
しかも全員別々の車で、立体駐車場に止めてる。

ついた場所はまんま大型ショッピングセンターで
ちょうどそこの近くの商店街か歩行者天国みたいなところで
お祭りしてて、すごいムードだった。

Lvは俺だけカンストしてて他三人があとちょっとでカンスト
もう一人が始めたばっかりっていう感じ。
覚えてる限りMMOらしきシーンは夢の中で一度しかなくて
そこでは、伏せた俺がAK持ってseasonのBサイトの坂のような部分から
nukeのコンテナを下からみたような場所を抜いてた。
なぜかコンテナは浮いてる?感じだった。

そうこうしてるうちに俺だけはぐれて
気づいたらそのショッピングセンターっぽい場所が閉まる時間らしかった。
はぐれてるし車までたどり着けない俺は、とりあえず紳士服売り場に隠れて
やりすごす予定にした。ここで意味わからないのが、なぜか箒持ってた事。
んで、ワゴンの下に隠れてたら店長?っぽい人と他十何人の店員が集合して
その場所周辺を整理し始めてワゴンを動かされて俺がバレた。
店員は、え?え?って感じだけど店長は俺と顔見知りらしくて
目配せしていけるか!?って聞いてきた。
そこで俺は何をしたかというと、箒を職員専用階段の方向に向かって投げて
おもむろに立ち上がってその箒を持って掃除しながら階段に方に向かった。
そこで店長の一言「iizin型掃除ロボットがちょっと壊れてただけのようだな」

上手くやりすごした俺はそのまま階段を下りて外へ、外は大盛況の祭り中。
とりあえず五分ほど離れた駐車場の入口を目指す。
降りてきた階段は商店街の一番奥にあって祭りを楽しみながら歩いてた。
青色の看板のファミマは、ファミチキ2個100円で売りさばきまくった後
店を閉めてコンクリで床を高くしてた。
マックは店長がパンダ目の大男で、気さくな良い人だった。
特攻服の人に「今時スーツなんて就活の人しか着ないでしょ!」ってカラまれたけど
「今ちょうど俺就活なんすよ」って言って二人で大爆笑してた。

そうこうしてるうちにようやくついた駐車場。
場所は細い路地の奥の奥にあって、扉はガラスをガムテープで止めてるってくらい
汚い扉だった。


と、ここらへんで記憶が無くなりました。
すごい超大作、三時間程度しか寝てないのにね。

N2Cの最中にがんばって作りました。
  1. 2011/08/24(水) 15:51:25
  2. :このページのトップへ

  3. :
  4. :トラックバック0
  5. :コメント0

冷蔵庫の温度

冷蔵庫って1~5℃らしいんですよ、通常。
けど冬って普通にその程度の気温になるわけじゃないですか。
と言う事はですよ?
気温がその程度のときに冷たいものを飲もうと思ったときに
冷蔵庫から取り出しても、たぶんあんまり冷たくないんですよ。
だって気温とあんまり変わんない温度なんですよ?
しかし、冬に冷たいものを飲もうと思ったときには冷蔵庫から取り出す。


あー
ここまで書いてまとまりつかなくなって
しかも読み返してみるとあんまおもしろくなくて
けど消すのももったいなくて


勉強してくる。
  1. 2010/11/28(日) 06:00:04
  2. :このページのトップへ

  3. :
  4. :トラックバック0
  5. :コメント0

人生最高の夢

昼寝してたら泣いてた

学校のある教師がすごい高いコーヒーの
密売?かなんかをしててそれを俺が
突き止めるっぽい話だったんだけど

魔法ありポケモンあり改造人間ありの
相当意味不明な話だった

けど最後の「98.99%微糖とか俺・・・好きだよ」
って夕焼けの教室で缶コーヒー飲みながら言ったシーンに
たぶん感動して泣いてたんだなーと思う


明日はたぶんいい日だ
  1. 2010/10/12(火) 17:44:44
  2. :このページのトップへ

  3. :
  4. :トラックバック0
  5. :コメント0

第一回!七夕講座!

七夕とは年に一度牽牛星と織女星が会える日に行われる祭事のこと
七夕を「たなばた」と読むのは「棚機つ女」に由来しているらしい
そもそもこの棚機つ女とは何なのか?
昔から七月七日にあった祭事の主役のことだそう

穢れを知らない少女の身を清めさせ神聖な高台で機を織らせる
そうすると神が降りてきて禊をすることで、村の穢れを持って帰る

この穢れを知らない少女を棚機つ女と呼んでいたらしい
ちなみにこの棚機つ女、古事記にも出ていて

『天照大御神忌服屋に座して
 神御衣織らしめたまひし時
 その服屋の頂を穿ち
 天の斑馬を逆剥ぎに剥ぎて堕し入るる時
 天の服織女見驚きて
 梭に陰上を衝きて死にき』

だそうで、ざっと現代語訳すると

『天照大御神が機屋に来て
 神に献る神衣を機織女に織らせていたとき
 建速須佐之男命はその機屋の穴をあけ
 まだら毛の馬の皮を剥ぎ取って穴から落としたとき
 機織女はこれを見て驚き
 梭で陰部を突いて死んでしまった』

とのこと、よくわかんない
何らかのメタファーになってるのかな?
とりあえず棚機つ女=機織女かどうかはおいといて
出てますよー的な紹介だけ


七夕に話を戻して
七月七日に棚機つ女の祭事があったことは前述の通り
ではなぜ現在の七夕とは似ても似つかないこの祭事が語源となったのか
それを説明するにはもう一つ大陸発祥の祭事『乞巧奠』が必要となる

七月七日、年に一度牽牛星と織女星この日に会えるという伝説から発展して
裁縫が上達するように祈る祭り『乞巧奠』が中国で生まれた
この祭事が本邦に伝わったのは意外に古く奈良時代だと言われている

平安時代には宮中の庭に蓮を敷き、その上に山海の産物と共に
赤芽柏の葉に五色の糸を通した七本の針を刺して供え
琴や香炉を飾ったなかで、天皇が牽牛・織女の二つの星をながめたり
詩歌管弦の遊びをする祭りだったらしい

室町時代になると、梶の木に天皇をはじめ臣下の歌を結びつけ
硯・墨・筆を飾り、歌・鞠・碁・花・貝覆・楊弓・香の七遊の遊びが行われた

そして江戸時代には天皇が芋の葉の露で梶の木の葉に和歌を七首書き
梶の木の皮とそうめんでくくって屋根に投げ上げるのがならわしだったという
江戸域の大奥では、四隅に葉竹を立て注連縄を張った台を縁側に置き
中にスイカ,ウリ,菓子などを供え、奥女中が歌を色紙に書いて葉竹に結びつけ
翌朝供物とともに品川の海に流すといったことも行われていたらしい

このように宮中行事だけだったはずのは
歌の上達などを願うものになり
江戸時代には民間行事なども入って、習字などの上達を願うものとなっていった


この行事としての乞巧奠と、祭事としての棚機つ女が混ざって
現在の形態の七夕になったと言われています
短冊などに願い事を書く風習は前述の通り江戸時代から始まった
比較的新しい風習と考えられている


ちなみにもう一つ七月七日に行われていた行事として
相撲節会』というものがある
相撲でその年の豊凶を祈る、という宮中行事で
こちらの方は平安時代には毎年行われていたらしいが
現在は廃れてしまっている模様?


以上!
なんかよくわかんない上に誰得な記事になった!
一人くらい読んでくれるとうれしいな・・・
けど自分の中でまとまったからよしとしよう
調べた期間短いし受け売り多いから間違ってそうだけど・・・
最後に振り仮名おいておきますね

牽牛星      けんぎゅうせい/アルタイルのこと
織女星      しょくじょせい/ベガのこと
棚機つ女     たなはたつめ
穢れ        けがれ
禊         みそぎ
天照大御神    あまてらすおおみかみ
忌服屋      いみはたや
座して       いまして
神御衣      かみむそ
服屋        はたや
頂          むね
穿ち         うかち
斑馬        ふちむま
逆剥ぎ      さかはぎ
堕し        おとし
服織女       はたおりめ
梭         ひ
陰上        ほと
衝きて       つきて
機屋        はたや
献る         たてまつる
機織女       はたおりめ
建速須佐之男命 たてはやすさのおのみこと
乞巧奠       きっこうでん
赤芽柏       ひさぎ
梶の木       かじのき
貝覆        かいおおい
楊弓        ようきゅう
相撲節会     すまいのせちえ
  1. 2010/07/07(水) 03:20:55
  2. :このページのトップへ

  3. :
  4. :トラックバック0
  5. :コメント0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。